引越しにまつわる失敗・トラブル

追加費用が高かったトラブル

どんなトラブル?

引っ越しトラブルでよく発生するのが、追加料金を当日になって請求されたといったケースです。
いわゆる見積もりミスという事で、国民生活センターでも何度か注意を呼びかける記事が公開されています。

全体的にも多い事例だからこそ、注意喚起がなされるわけですが、事業者だけを一方的に責めるわけにいかない要因も、一部見受けられるのです。

まず一般的な約款を再確認してみます。
追加呂金が発生するケースとして考えられるのは7つです。

引っ越し当日になっても、荷物の梱包が終わっていないといった消費者側の事情で、運搬できなかった時、当日になって不用品処分を業者側へ請求した時、当日になって荷物が多すぎて積み荷できず時間延長になった時、道路道幅が狭くて別途有料駐車場へ停車する事になった時、結果クレーン車での運搬になってしまった時、エアコンを新居に設置する際に追加工事が必要と判明した時、ペットの移送をめぐっての行き違いが起きた時などになります。

どっちもどっちと言いたくなる事情も、時々ある事を特筆すべき事がらです。
約款を消費者側が熟読していれば、トラブルにならなかったかもしれません。

通常引っ越し業者は一日のうちでも、他者荷物を効率よく一緒に積み荷する事で、安さをあげている場合も多々あります。
自分のところで想定外に手間取っていれば、他の誰かが嫌な想いをしているかもしれないのです。
事前に細かい打ち合わせをしておくべきです。

特にペットに関しては、昨今のペットブームもあって今後もますます増える事が予測されるトラブルだけに、消費者側も必要な報告はすべて細かく業者へ伝える心つもりが必要です。
不用品処理を当日に業者へ依頼するなど強引な依頼は、なるべく避けた方が安心です。

対策について

訪問見積もりをする事で避けられるトラブルもあります。
特にインターネットで簡単に依頼できるサービスも増えていますが、メール交換だけのやりとりなら、なおさら消費者側が、業者へ向けて細かく状況説明が必要です。

そうは言っても人間のなせるわざで、伝え忘れも必ず出てきます。
事業者側がトラックが通過できる範囲の道路要件を消費者に伝えて、追加料金が必要になる場合もある事を、親切丁寧に伝える事も重要です。

さらに消費者側も実際の道路事情を業者側へ事前に丁寧に伝えておく配慮に必要になってきます。

ポイントをおさらい

トラブルを避けるために、消費者側も考慮する事が大切です。
引っ越し業者は荷物を運び入れるところまでが、基本の作業になるのが一般的になります。

引っ越し先の条件を事前に消費者側が確認しておく事は大切です。
設置工事だけで数万円かかるなら買った方がましなケースもあります。

業者が来ないトラブル

トラブルケースと原因

年明けから4月の新年度に向けて、転勤や進学あるいは就職などで移動を検討している人の中には、気持ちもそぞろといった人も多いのではないでしょうか。
目的地が今住んでいる家から近く、通うだけならいいのですが、遠方への移動を余儀なくされる人は、特に注意が必要です。

引っ越しトラブルが多発するからです。
特に3月はピークを迎えるので、引っ越し業者はおおわらわ状態になります。

確実に希望通りの時間を予約できない可能性も考えて、余裕を持って計画をたてた方が安全です。
実際国民生活センターのホームぺージから、引っ越しで検索すると100件以上検索にひっかかります。

例年3月末から4月初めにかけては、一年のおよそ3分の1ほどの引っ越しが集中します。
ただでさえ気持ちが落ち着かないところへ、引っ越しという一大イベントが重なるのですから、業者も消費者も過剰に殺気立つのかもしれません。

実際2008年から2013年にかけて、国民生活センターに寄せられた相談件数が、一年平均ほぼ200件越え、2013年に少し減ったものの、それでも100件を余裕で超えています。
その事例を見ると事前にちゃんと解約を申し出たのに、解約料を請求されたといった事例や、業者が来ないといったもの、荷物が破損していたのに業者がまったく対応してくれないというものなど様々です。

荷物が破損とは運が悪かったとしか言いようがないのですが、業者がこないのは困ります。
いわゆる約束不履行ですが、ネット社会らしくインターネットで予約をした引っ越し業者が、約束時間を2時間過ぎても来なかった例は、深刻です。

しびれを切らして消費者が業者へ連絡すると、運転手の体調不良で人繰りができないとの返答が返ってきました。
いつになるかわからないとのなんとも無責任な内容です。
当日がアパートを退日だった状況だったために、途方にくれての相談されました。

対策

ネットだけで顔が見えない業者は要注意です。
もちろん途中の渋滞に巻き込まれる事もあります。

不測の事態はいつでも起こりえる事は、消費者もしっかり認識しておくべきなのは当然です。
まったく連絡がないまま待たされる消費者の不安感はいかばかりか、そこを事業者側が細かやかな心配りをすべきなのは、当然です。

業者を頼む際には、どのようにクレーム処理をしているかも、確認の上評判の良い、良質な業者を選ぶのが賢明な対応になります。

ポイント

まったく連絡もせず業者が来ないのは切ないですし、2度とそのような業者は使わない方が賢明です。
他にも様々なトラブルが発生しているので、1つできる対策としては契約時に必ず手渡されるはずの、引越約款を隅々まで読み理解しておくことが大切になります。

約款にしたがって検討するなら、引っ越し当日に契約通りに引っ越しが進まず一方的な約束不履行になった時は、3ヶ月以内に限り損害橋方を請求できるのです。

自力引越しにまつわるトラブル

安く済ませたいから自力引越し、でもそれ、失敗になることも

少しでも安く引越ししたいという気持ち、わからなくもないのですが、自力引越しを行って失敗した・・・と後悔されている方も実は多いのです。
手伝ってくれる人が多いから、また親類がきてくれるからと、自力での引越しをしたらトラブルになったという事もあります。

安く済むという理由だけで自力引越しする場合、リスク、トラブルが起こる可能性があるという事も理解が必要でしょう。

荷造りってこんなに大変だったのか

引越し業者の方に依頼して荷造りから業者の方にしてもらうと、丁寧に破損することがないように、また順序よく荷造りしてくれます。
もちろん段ボールなども荷造り専用のものを用意してくれるので安心です。

自力引越しの場合、段ボールをスーパーやホームセンターなどでもらってくるようですが、大きさも差がありますし、壊れやすいものが多かったりして、梱包した中身が破損していたという事も少なくないようです。

途中で段ボールが無くなると結局ビニール袋に入れて最終的に破損・・・という事も少なくありません。

トラックを手配していたのに・・・

引越し業者の方に依頼すればトラックの手配なども心配ありませんが、誰が知り合いの方のトラックを借りるという場合、当日になって借りられなくなった・・・という事も起ります。

お金を出してレンタルという事ならこうしたこともありませんが、知り合いの方が保有されているトラックの場合こうした、いきなりキャンセル・・・という事もあるのでこれは怒っても仕方ありません。

結局レンタルすることになり、だったら最初からレンタルしておけば面倒もなかったよ・・・と後悔することもあります。

荷物ってどうやって積み込めばいいの?

レンタカーを借りてよしこれから荷物を積むという段階で、こうした荷物を積んだことがない人というのは、何から積めばいいのかわからないので積込する際に悩むことになります。

平ボディを借りた場合、コンテナ、ほろなどがないので高く積むことが出来ず、何回も往復したり、またシートやロープを購入してくる羽目になります。

時間オーバー、手伝ってくれる方にランチと夕飯をおごる事に

友人に手伝ってもらう場合、もちろんお昼の費用を出してちょっとお礼の金額を包むくらいするものですが、素人の引越しは段取りも悪いので、何かと時間がかかり、結局夜までかかってやっと終わったという事も少なくありません。

この場合、夕飯をごちそうすることも必要になるので、予想外の出費となることもあるのです。
レンタカーも当日の時間内に返却できず、結局超過した分の料金を払うことになり・・こんなことなら業者に依頼した方がよかったかもと思う方も少なくありません。

荷造りに関する失敗例

引っ越しのあるある失敗談・・みんな同じ様に失敗がある!

引っ越しで最も面倒で時間がかかるのが荷物の梱包、つまり荷造りです。
仕事をしつつ引っ越しの準備を行うという方も多いので、使える時間に限りがあり、必死になって梱包するあまり、ああ、失敗した・・・と思う経験談をお持ちの方も少なくありません。

引っ越しの回数が多い方は手慣れたものでさくっと荷造りされますが、慣れていない場合、また家族人数が多いとなると荷造りも一仕事以上の労力が必要です。
そんな中で起きたみなさんの失敗談、これから引越しされる方にとってはとても勉強になる失敗談でしょう。

あれがない、これがない・・・荷物が行方不明

梱包する時にこれはこっち、これはこっちとしっかり梱包し、中身をある程度わかるように書いておけばいいのですが、急ぎ荷物を梱包すると荷物の所在が分からなくなることも多いようです。

段ボールに入れたものをただキッチン用品とか子供部屋と大雑把に書いたので、中に何が入っているかわからなくなり、結局ダンボールをいくつも開けることになり効率が格段に悪かったという意見もあります。

毎日利用する、また引っ越し当日にも利用したいものがどこに入っているかわからず、必死になって探したという方もいます。

知らずに損したこと、うっかりしてしまったこと

現在の引っ越しというのは梱包がとても進んでいて、引越し業者の方に箱だけ用意してもらう場合でも、洋服などハンガーに引掛けた状態で移動できるようになっていますが、それを知らず・・・たたみまくったという人もいますし、衣装ケースならそのまま持って行ってくれるのに段ボールに入れ直して時間がかかったという失敗談もあります。

また捨てるつもりがなかった洋服を捨ててしまった、ブランド品を誤って捨ててしまった、石油ファンヒーターの灯油を抜かずにそのまま移動させたという失敗もあります。

ついうっかり・・・でも非常に公開することもあるので、引越し荷物の荷づくりはできる限り、時間をある程度かけて行いたいものです。

また思っていたよりも処分する物が多くごみが多くて困ったという意見もあります。
最近は引っ越し業者の中でこうした処分についても請け負ってくれる業者がいますので領してもいいでしょう。

また引越し前には梱包の時点で処分する物を処分しておくべきで、引越し当日に共同ゴミだしの日が当たればいいのですが、そうではない場合、近くに処分場がなければ新居に持っていくことも考えなければなりません。

しっかり引越ししたいから業者に依頼する方がいいという方も多い

引っ越しで失敗された経験をお持ちの方は、業者の方に依頼ししっかりと行ってもらう方が安心という声もあります。
荷造りする時間も暇もないという事なら、何もかもすべてお任せできる方法もありますので、利用を考えてみましょう。

荷造りも業者に依頼することで、きれいに仕分けしてくれるので、荷捌きを家族で行うとしても非常にやりやすくなっています。